起業家支援団体【祭プラス】

起業家として共に成功を目指しましょう!

団体詳細はコチラ

飲食店を初めて起業(開業)するにはどうしたらいい?

飲食店を初めて起業(開業)するにはどうしたらいい?起業するには-飲食店編

飲食店を起業するためには何が必要なのでしょうか?

本記事では、飲食店を起業するために必要な資格や開業までの手順、必要な資金やお金に関する知識についての情報を詳しくご紹介します。

さらに、飲食店起業の失敗率や失敗例、成功例や成功するためのポイントについても触れていきます。

「飲食店を起業したい」「飲食店起業で成功したい」と考えている方は、ぜひ参考にしてください。

飲食店を起業(開業)するには?

飲食店を起業(開業)するには?

まずは、飲食店を起業するにはどんな準備が必要なのか、開業までの主な流れをご紹介します。

飲食店起業では開業に至るまでに様々な準備をする必要があります。

下記の14項目をリスト化して、1つずつチェックしながら進めていくのがおすすめです。

  1. 開業するお店に必要な資格の洗い出し
  2. 届け出の種類を確認
  3. マスタースケジュールの作成
  4. 事業計画書の作成
  5. 投資計画
  6. 売上計画
  7. 物件探し
  8. 資金調達
  9. 厨房機材買付
  10. 内装工事
  11. 店内備品買付
  12. 従業員求人・雇用と教育
  13. 宣伝・広告
  14. 顧客バンクのシステム作成

この項目についての詳細は下記の記事をご覧下さい。

飲食店起業の基礎知識の他に、開業前にしておくべきこと、開業後にすべきことなども確認しておきましょう。

飲食店を起業(開業)する為に必要な資格とは

飲食店を起業(開業)する為に必要な資格とは

ここからは、飲食店を起業するために必要な資格についてご紹介します。

飲食店起業で最低限必要な資格は下記の2つです。

  • 食品衛生責任者
  • 防火管理者

「食品衛生責任者」は、営業をスタートする段階で必ず取得しておかなければならない資格です。

食品衛生協会が開催している6時間の講習を受講することで取得することができます。

「防火管理者」は、店舗の収容人数が30人以上の場合に取得が必要な資格です。

消防庁や日本防火・防災協会が開催している講習を受講することで取得することができます。

上記の資格についての詳細は下記の記事をご覧下さい。

資格に関する詳細や注意点も記載されているので、飲食店起業を考えている方は事前に確認しておくことをおすすめします。

飲食店を起業(開業)するなら保険所の許可はどうする?

飲食店を起業(開業)するなら保険所の許可はどうする?

飲食店を起業する場合、保健所の許可は必須です。

保健所の許可を取る手順についてもしっかりとチェックしておきましょう。

  1. 申請前に保健所に相談に行く
  2. 食品衛生責任者の有資格者が最低1人必要
  3. 検査日を決める
  4. 交付された営業許可証を取りに行く

上記の項目についての詳細は下記の記事をご覧下さい。

手順だけでなく、許可を取得する際に必要な書類や取得する際の注意点も事前に確認しておくことが大切です。

飲食店を起業(開業)するにはどの位の資金が必要?

飲食店を起業(開業)するにはどの位の資金が必要?

では、飲食店を起業するにはどのくらいの資金が必要なのでしょうか?

飲食店起業で最初に必要となる費用は「賃貸料・契約料」と「設備費用」です。

かかる費用は開業する場所や規模によっても大きく異なりますが、個人起業の小規模な店舗の場合は700万〜1200万円が目安と言われています。

上記の資金についての詳細は下記の記事をご覧下さい。

必要な資金を調達するための様々な方法や資金調達をする際の注意点も確認しておきましょう。

飲食店を起業(開業)する際に知っておきたいお金のこと

飲食店を起業(開業)する際に知っておきたいお金のこと

前章では、飲食店を起業する際に必要な資金について紹介してきましたが、必要な資金以外のお金の知識も深めておくことが大切です。

ここでは、融資を受けるメリットと資金調達を受けるメリットをそれぞれご紹介します。

融資を受けるメリットとは

開業するための自己資金が不足している場合には、融資を受けて資金調達をするという方法があります。

資金不足の状態では、計画をスムーズに進めることができません。

融資を受けることで、飲食店起業を計画通りに進めることができるというメリットがあるのです。

融資を受けるメリットについての詳細は下記の記事をご覧下さい。

メリットだけでなく、融資を受けるリスクやおすすめの融資先についても知識を深めておきましょう。

資金調達を受けるメリットとは

資金調達には様々な種類があります。

融資を受けるメリットにも共通することですが、資金調達を受けることによって飲食店起業の計画をスムーズに進められるのがメリットです。

自己資金が不足しているという理由で飲食店起業を諦めてしまう前に、資金調達についてもじっくりと検討してみましょう。

資金調達を受けるメリットについての詳細は下記の記事をご覧下さい。

飲食店の起業(開業)で失敗…失敗率と失敗例とは

飲食店の起業(開業)で失敗...失敗率と失敗例とは

ここでは、飲食店を開業した際の失敗率(廃業率)と失敗例を見ていきます。

飲食店を開業した際の失敗率(廃業率)

帝国データバンクに2019年6月10日に掲載された記事には、「倒産」「休廃業・解散」との件数・負債額推移の調査結果が掲載されています。

倒産、休廃業・解散の総数

画像出典:「飲食店」の倒産、休廃業・解散動向調査(2018 年度)

この調査結果によると、「倒産」「休廃業・解散」の総数は1180件となっています。

また、開業して3年以上存続している会社は全体の65%となっており、脱サラや未経験者の飲食店起業では3年以内の廃業率が90%となっています。

飲食店を開業した際の失敗例とは

飲食店起業では数多くの失敗例がありますが、いくつか例を見ておきましょう。

  • 居酒屋開業:
    駅近の好立地に開業したものの、リピーターを掴めず短期間で廃業
  • カフェ開業:
    経営のノウハウがなく、お金の管理ができずに廃業
  • 洋食店開業:
    こだわりすぎて資金繰りが困難になり廃業

様々な失敗例を見ることによって、共通する失敗理由を見つけることができます。

失敗する原因となっているポイントをチェックしておくことで、失敗を回避できる確率も上がります。

飲食店起業の失敗率と失敗例についての詳細は下記の記事をご覧下さい。

実際に飲食店を起業(開業)した成功例とは

実際に飲食店を起業(開業)した成功例とは

前章では失敗率や失敗例をご紹介してきましたが、成功例もチェックしておきましょう。

失敗例だけでなく、成功例もチェックしておくことで、失敗を回避しながら成功率を上げることができます。

女性が飲食店を開業した成功例

まずは、女性が飲食店を起業した成功例を2つご紹介します。

  • 日本酒BARを開業:
    経験やノウハウを活かして開業を目指したことと、しっかりとリサーチをして店舗を決めたことが成功のポイント。
  • ベーカリーを開業:
    経験があることで油断せずに慎重に計画を進めたことと、事前のリサーチで近隣に競合店がないことを確認していたことが成功のポイント。雰囲気にこだわり、開業までの道のりを宣伝に活用したことも成功のカギとなった。

下記の記事では、他にも様々なジャンルの成功例を紹介しています。

女性で飲食店起業を成功させた人たちの成功ポイントをじっくりと確認してみましょう。

一人で飲食店を開業した成功例

次に紹介する2つの成功例は、一人で飲食店を開業して成功した例です。

  • 焼肉店を開業:
    自己資金に加えて、1000万円という高額融資を受けることに成功。融資を成功させるために、専門家に依頼してハイレベルな事業計画書の作成したことも成功のポイント。
  • イタリアンを開業:
    店舗コンセプトやメニュー案を予め用意し、さらにクオリティの高い事業計画書を作成して高額融資に成功。経験やノウハウが合ったことも成功のポイント。

飲食店起業では、一人で開業を目指す人もたくさんいます。

自分一人で飲食店を起業したいと考えている場合には、成功例をチェックして知識を深めておくのがおすすめです。

一人で飲食店を開業した成功例についての詳細は下記の記事をご覧下さい。

小さく飲食店を開業した成功例

小さい飲食店を開業して成功した例もあります。

  • 居酒屋を開業:
    12坪の店舗で月商400万円の売り上げを出すことに成功。自己資金だけでの開業にこだわらず、融資を受けたことが成功のポイント。
  • たこ焼きダイニングを開業:
    物件探しにかなりの時間をかけて納得のいく物件を見つけて開業し成功。設備費用を最低限に留める努力をしたことが成功のポイント。

小さく飲食店を開業した成功例についての詳細は下記の記事をご覧下さい。

成功例だけでなく、メリットやデメリット、成功のポイントについてもチェックしておきましょう。

飲食店を起業(開業)して成功するには

飲食店を起業(開業)して成功するには

最後に、飲食店を起業して成功するためにはどうすればいいのかという点についても、しっかりと確認しておきましょう。

成功するためには、しっかりと事前準備を行い、開業した後も様々な困難を乗り越えていく必要があります。

飲食店起業にも様々な起業の方法がありますが、成功するために共通して言えるポイントは下記の通りです。

  • しっかりと計画を練る
  • 徹底的にリサーチしてアイデアを出す
  • 計画的に資金を貯める
  • 説得力のある事業計画を作る
  • 運転資金も考えて資金調達をする
  • 設備投資はできるだけ少なく抑える
  • 経営について学んでおく
  • コンセプトを明確にして候補地を入念に選ぶ
  • 臨機応変に対応する
  • 柔軟な考えを持つ
  • アイデアを加えてオリジナルにする

飲食店起業を目指している方は、上記のポイントを1つずつ確認しながら準備を進めていきましょう。

飲食店を起業(開業)するには-まとめ

本記事では、飲食店を起業するために必要な知識を詳しくご紹介してきました。

必要な資格や保健所での手続きだけでなく、様々な失敗例や成功例もチェックしておくことで、失敗を回避しながら成功率を上げていくことができます。

成功するためのポイントも紹介していますので、「飲食店を始めたい!」「経験を生かして独立したい!」と考えている方は、しっかりと確認して飲食店起業を成功させましょう。

起業するには-飲食店編

飲食店起業(開業)時の平均初期資金はどのくらい?資金調達はどうする?

飲食店起業でできる資金調達の方法には、どんな種類があるのでしょうか? 本記事では、資金調達方法...
2020.07.05
起業するには-飲食店編

飲食店を起業(開業)する際に知っておきたいお金の知識:資金調達/融資/助成金/補助金まとめ

飲食店を起業する際にはどれぐらいのお金がかかるのでしょうか? 本記事では、飲食店起業の際にかか...
2020.08.09
起業するには-飲食店編

飲食店を開業(起業)する際に知っておきたい全知識まとめ

飲食業界に長く携わってきた人の中には「そろそろ独立して自分の店を持ちたい」と考えている人もいるかもし...
2020.07.05
起業するには-飲食店編

飲食店を起業(開業)して失敗する原因とは?失敗率と失敗例まとめ

飲食店を起業したいと考えている人の中には「飲食店起業ではどんな失敗例があるのだろう?」「失敗率はどれ...
2020.07.05
起業するには-飲食店編

女性が飲食店を起業(開業)した成功例と女性におすすめのジャンルとは

女性の中には「飲食店を起業したい」という夢を長年持ち続けている人も多くいます。 実際に、長年の...
2020.07.05
起業するには-飲食店編

【成功例付き】小さく飲食店を開業(起業)するには?

初めて飲食店を起業する場合には、小さな規模でスタートしようと考えている人も多いでしょう。 そこ...
2020.07.05
起業するには-飲食店編

飲食店を起業(開業)する為に必要な保健所の許可と注意点とは

飲食店を開業する際に、絶対に避けて通ることができないのが「保健所への申請」です。 しかし、初め...
2020.07.05
起業するには-飲食店編

飲食店を起業(開業)する際に融資を受けるメリットとリスクとは

飲食店を起業・開業しようとしているあなたは、どのくらいの資金を用意出来ているでしょうか。 飲食...
起業するには-飲食店編

飲食店を起業(開業)に必要な資格はこれ!届出も必要!

「飲食店を起業したい!」と考えている人は、様々な方法で情報を集めていることでしょう。 飲食店を...
2020.07.05
起業するには-飲食店編

【成功例有】1人で飲食店を開業(起業)するにはどうする?

飲食店に長年勤務している人の中には、独立して自分の店を持つことを考えている人もいます。 初めて...
2020.07.05
タイトルとURLをコピーしました