起業家支援団体【祭プラス】

起業家として共に成功を目指しましょう!

団体詳細はコチラ

ネット関連事業で起業した成功例8選!ネットで成功するには○○が重要!?

ネット関連事業で起業した成功例8選!ネットで成功するには○○が重要!?起業するには-ネット編
この記事は約14分で読めます。

ネット起業に興味はあっても、実際にネット起業にはどんな種類があるのかは知らない人が多いものです。

「ネット起業は稼げる」というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、本当に稼げるのでしょうか?

本記事では、ネット起業の成功率や種類をご紹介しながら、ネット起業での成功例や成功する人の特徴、成功する為のコツについても触れていきます。

ネット起業について詳しく知りたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

本サイトのトップページには、
起業する上で大切な全ての情報を掲載しています。

ですので、本記事をご覧頂いた後、
トップページの情報も併せてご覧下さい。

【必読】起業するにはどうする?起業する前に知っておくべき5つの感情と8つの実践ステップ

起業するなら一度は見ておきたい情報はこちら

ネット起業の成功率

ネット起業の成功率

ネット起業は「簡単にスタートできる」というイメージがあるため、気軽にネット起業をしている人も増えています。

しかし、たくさんの人がネット起業するということは、競争率が高くなることに繋がるので、多くの人が持つイメージのように簡単ではないと言えます。

ネット起業の失敗率は95%と記載されている記事もありますが、2003年京都府におけるソフトウェア系IT産業の失敗率(廃業率)では下記のようになっています。

ソフトIT企業の開廃業率

2003年3月~2003年9月時点におけるソフト系 IT 企業の開業率は 13.4%、廃業率は 13.7%で0.3%の微減となっている。前期(2002 年9月~2003 年3月)と比べると、開業率は上昇したが、廃業率もわずかに上昇したので、事業所数は2期続けて減少している。

しかし、13%台という開廃業率は、全業種の事業所開業率 4.1%、廃業率 5.9%(「事業所・企業統計」1996年~1999年総務省)と比較した場合、圧倒的に高く、依然ソフト系 IT 業界では、活発な新規参入、廃業、統合などが行われている事が分かる。

業種別に見ると、2003 年3月~ 2003 年9月時点の開業事業所数は、「インターネット」「情報処理サービス」、「ソフトウェア業」の3業種とも増加している。

しかし、「インターネット」を除くと開業率が廃業率を下回る傾向が続いており、全体的な事業所数は減少している。

引用:京都におけるソフト系IT産業の地域展開 

実際の失敗率はそれほど高くはありませんが、ネット起業が簡単ではないことは事実と言えます。

ネット起業の世界では、起業してあっという間に成功する人がいる一方で、ほとんど稼ぐことができないまま廃業してしまう人もいます。

ネット起業の成功率を高めるためには、気軽にスタートしてしまうのではなく、起業前にしっかりと準備する必要があります。

しっかりと準備を整えて、起業に対する知識やノウハウも学んだ上で起業することで、成功率は確実に高まるでしょう。

ネット起業の成功の種類

ネット起業の成功の種類

ネット起業には様々な成功の種類があります。

情報収集をしっかりと行い、成功の種類についてもしっかりとチェックしておきましょう。

マッチング関連

「マッチングビジネス」は、ネット起業で有効的に使える手段の1つです。

マッチングとは、売り手と買い手を繋いで、そこから手数料などで収益を得るビジネススタイルです。

まだまだ開拓の余地のあるジャンルなので、参入を考えているのであれば少しでも早い方がいいでしょう。

ゲーム・アプリ関連

ゲームやアプリ関連のジャンルでネット起業する人もたくさんいます。

1つのアプリやゲームがヒットしただけで、一気に稼ぐこともできるジャンルです。

特にアプリは、スマートフォンを使っている人であれば、ほとんどの人が日常的に利用しているので、アイデア次第でどんどん可能性を広げることができるでしょう。

アプリ開発で起業した場合の収入源は下記の通りです。

  • 有料アプリの販売
  • アプリ内課金
  • 広告収入のポイント

有料アプリの販売

有料アプリを販売する方法は、App StoreまたはGoogle Playで有料のアプリとして販売するという方法です。

ただし、アプリの単価そのものが開発した者の収益として手に入るということではなく、手数料として3割が取られ、7割程度が実際の利益となります。

それでも、単純に840円の有料アプリを100個程度売ることができれば、それだけで6万円弱の利益となります。

  • 840円の 70%=588円 × 100個 = 58,800円

総ダウンロード数が増えれば増えるほど、利益もどんどん増えていきます。

アプリ内課金

アプリ内課金は、ネイティブアプリゲームではメジャーな課金手段です。

ただし、アプリを既にダウンロードしているユーザーの中で、何%かが課金してくれることを期待する仕組みなので、起業してすぐにチャレンジするには不向きな方法です。

開業前に資本金をしっかりと用意しておくか、ある程度安定して利益を出せるようになってから挑戦するのがおすすめです。

広告収入のポイント

無料アプリに広告を配信して、広告収入のポイントを得て利益を上げる方法もあります。

無料アプリを利用している際に度々出てくる様々な広告が収入源となります。

ネット起業では、広告収入も大きな収入源の1つとなっているので覚えてきましょう。

アフィリエイト関連

ネット起業と聞くと、アフィリエイトをイメージする人が一番多いかも知れません。

成果報酬型アフィリエイトは、自分のブログやウェブサイトに商品やサービスの広告を掲載し、ブログやウェブサイトを訪れた人たちが掲載された広告をクリックして、その商品やサービスを購入することで利益が出る仕組みです。

実際にアフィリエイトのネット起業で成功し、多くの利益を出している人がたくさんいます。

オンラインサロン関連

今、ちょっとしたオンラインサロン関連のネット起業がブームとなっています。

オンラインサロンとは、簡単に言ってしまえば、好きな人や好きなことにお金を払って集合する有料ファンクラブのようなものです。

オンラインサロンは、ネット上で展開されるクローズドなコミュニティで、月額の会員制システムを採用しています。

運営する場合は、Synapseという有料会員制のオンラインサロンプラットフォームがおすすめです。

Synapseを利用すれば、ゼロからウェブサイトを構築してオンラインサロンを開業するよりも、オンラインサロンをスムーズに始めることができます。

成功するためには、こういった便利なサービスを積極的に活用していきましょう。

Synapseでは、過去に200件以上ものオンラインサロンを扱ってきた実績があるので、そのノウハウを活かし、全てのサロン主宰者にSynapse編集部の担当が付いて、収益化のサポートを行っています。

オンラインサロンの成功の秘訣は、フロントエンドとして扱うことです。

なぜなら、オンラインサロンは会員の中からビジネスパートナーなどを見つけて、さらにビジネスを大きくするための手段としても活用できるからです。

バックエンドに繋がるコンテンツと考えて開設しましょう。

ちなみに、成功の秘訣は、信頼度の高さと内容の濃さです。

BtoB関連

次に紹介するネット起業は、BtoB関連です。

インターネットにおける電子商取引には下記の3つがあります。

  • B to C(企業と消費者)
  • B to B(企業と企業)
  • C to C(消費者と消費者)

BtoBとは、Business to Businessの略です。

企業が、他の企業に対して商品やサービスを販売するため、BtoCと比較して圧倒的に市場規模の期待値が大きいのが魅力です。

例を上げると次の通りです。

  • 自動車工場に納入する部品などの販売
  • 印刷工場が雑誌出版社から印刷業務を請け負う
  • 飲食チェーン店におしぼりの配送や回収サービスなどを行う

ネット起業における成功例

ネット起業における成功例

ここからは、ネット起業における成功例を紹介していきます。

成功例をチェックすることで、成功に必要なポイント見えてくるはずです。

張替え110番

最近では、マンション住まいの人も多く、畳の部屋がない場合も多いものです。

こんな些細なことにもビジネスの可能性がたくさんあります。

それを証明する成功例が「張替え110番」です。

張替え110番では、「畳の張替えをどこに依頼したらいいかわからない」と困っている人に着目し、畳を張り替えたい人と対応できる業者をマッチングさせるサービスを開始しました。

お客様から申込みがあれば、エリア内の加盟店に依頼するスピーディーな対応を実現化しています。

畳は消滅してしまったように思えますが、実際にはまだまだ多くのニーズがあったのです。

あまり注目される分野ではなかったため、競争率が低かったことも成功したポイントと言えます。

造園業マッチングビジネス

造園業のマッチングビジネスで成功した例もあります。

このサービスでは、造園業を利用したいと思っている人と顧客を増やしたい造園業者をマッチングさせました。

造園業者は日頃から頻繁に使う業者ではないため、利用したいと思ってもどこに頼んだらいいのかわからないという人がたくさんいました。

また、造園業者は利用者の減少により廃業を余儀なくされるケースもあるほど、斜陽産業となっています。

人々が困っているところに着目したというのが成功のポイントです。

利用者と業者をつなぐつなぎ役という役目なので、特別な資格やスキルも不要で始めることができたのも成功のポイントと言えます。

ECアプリ開発「ほぼ日刊イトイ新聞」

ECアプリを開発して成功した例もあります。

いま、ネット起業ではECアプリ開発が非常に注目されています。

ECアプリというのは、ショッピング機能が備わったアプリのことです。

有名なAmazonや楽天だけでなく、メルカリなどもECアプリとなります。

ここでピックアップする成功例は、東京糸井重里事務所が運営している「ほぼ日刊イトイ新聞」と「ほぼ日ストア」です。

これらのECアプリは、より特定層の人たちをターゲットにして、商品にストーリーを持たせて魅せるメカニズムを持つサービスを提供しています。

この「より特定層の人たち」「ストーリーをもたせる」といったように、他のECアプリと差別化を図ったことが成功のポイントと言えるでしょう。

堀江貴文イノベーション大学校

オンラインサロンの成功例として「堀江貴文イノベーション大学校」があります。

ホリエモンこと堀江貴文さんのオンラインサロンです。

約30個の分科会グループで構成されており、その中で自分自身のやりたい事をカタチにしています。

まさに、ホリエモンらしく、ビジネスも遊びも全力投球で価値を生み出す場所と言っていいでしょう。

渡部健のとっておきの店、こっそり教えます。

次の成功例は「渡部健のとっておきの店、こっそり教えます。」です。

「渡部健のとっておきの店、こっそり教えます。」では、月1回のオフ会が開かれ、渡部健さんがグルメ好きの人たちとおいしいごはんを食べながら、いい交流をしようという場を提供しています。

「グルメ」に焦点を絞っているのが成功のポイントと言えます。

メンバー同士のオフ会も開かれており、様々な形でイベントを楽しむことができます。

グルメな人や食通な人たち、おいしいごはんが食べられるお店が知りたい人たちに人気があります。

女性の働き方をクリエイトする<大人の女子高>

次のオンラインサロンの成功例は、女性の働き方をクリエイトする<大人の女子高>です。

女性の働き方をクリエイトする<大人の女子高>は、立場の違う女性たちが、自分らしい働き方を考え、学び、実践するビジネスを学ぶコミュニティでです。

参加者は下記のように幅広いのが特徴です。

  • 女子高校生
  • 20代~50代の専業主婦
  • 起業したい女性
  • 会社員
  • フリーランス
  • 会社経営者 など

女性限定のサロンにすることで女性も安心してコミュニケーションを持つことができる場となっており、成功しています。

小室哲哉‐TK Culture Gathering

次のオンラインサロンの成功例は、小室哲哉‐TK Culture Gatheringです。

小室哲哉‐TK Culture Gatheringは、カルチャーの未来をテーマとし、音楽だけでなく、テクノロジーやてエンターテイメントの最先端を、それぞれの分野のプロフェッショナルを迎えて学ぶことができるオンラインサロンです。

最近では、オンラインサロンが著名人と直接的に関係を持てる貴重な場となっています。

小室哲也さんと関わりたいという人や様々なことを学びたいと思っている人から人気があります。

アスクル

今では多くの企業で利用されている「アスクル」は、BtoB通販のリーディングカンパニーです。

会社の事務用品をインターネットで簡単に、便利に購入することができ、「アスクル=明日来る」という名前の通り、すぐに届くことが売りとなっています。

このようなBtoB通販の成功例では、既存流通とのつきあい方を学ぶことができます。

アスクルでは、オリジナルのエージェントシステム(代理店)を実現し、町の文具店などもそのメカニズムに参画してもらうことによって、メーカーと小売との共存&共栄を実現しています。

それぞれが下記のように役割を分担することで成功しています。

  • エージェント…顧客開拓、債権管理、代金の回収
  • アスクル…カタログ発送、注文受付、配送

ネット起業して成功する人の特徴

ネット起業して成功する人の特徴

ここからは、ネット起業で成功する人の特徴を見ていきましょう。

例えば、アフィリエイトでネット起業する場合は、仕入れが不要・コストが掛からない・低リスクなど、メリットが多くあります。

しかし、低リスクだからという理由で、安易にネット起業してしまうのは危険です。

低リスクで始めることができるアフィリエイトでも、向き不向きは存在しています。

アフィリエイトは、ブログなどをコツコツとたくさん書いて閲覧数を増やす必要があります。

そのため、キャッチコピーやライティングが得意な人はアフィリエイト向きと言えます。

記事のタイトルや内容で人を惹きつけて、訪れる人を増やすことができれば、アフィリエイト収入も増えていく可能性が高まるのです。

さらに、SEO対策のノウハウやWEBマーケティングの能力を持っている人にも向いています。

また、何事にもじっくりと取り組み継続していくことができるというのも大切なポイントと言えます。

このように、いくつかの特徴を紹介してきましたが、ここで紹介した成功する人の特徴は、自分自身で勉強したり努力することで得ることができる特徴です。

自分にはこの特徴がないからと諦めてしまう前に、じっくりと学ぶ気持ちを持ちましょう。

必要なことをその都度学びながら知識を増やしていくことができなければ、目まぐるしく変化するインターネットの世界で起業して成功することは難しいでしょう。

ネットで起業して成功する為のコツ

ネットで起業して成功する為のコツ

最後に、ネット起業して成功するためのコツをチェックしていきましょう。

集客をしっかり行う

マッチングビジネスでは、魅力的なサービスを提供することも大事な要素ですが、いかに集客することができるかが成功の鍵となります。

しっかりと集客することができなければ、どんなネット起業でも廃業に追い込まれてしまうでしょう。

どんなに素晴らしいビジネスモデルを構築しても、大々的にビジネスをスタートしたとしても、そこに集客が欠けていては、起業は成功しません。

集客にも様々な方法があるので、起業を目指すのであれば、集客についてもしっかりと知識を深めておくようにしましょう。

最近では、コストをかけずに利用できるSNSを活用した集客方法もたくさんあるので、開業資金や運営資金に余裕がない場合にはSNSを積極的に活用するのがおすすめです。

営業力を身につける

ネット起業で成功するためには、営業力も身につける必要があります。

営業力はそのまま集客力にも直結しています。

起業前から営業力に関する本を読んだり、インターネットで情報収集するなどして、知識やノウハウを増やしておくことは必要不可欠です。

その上で、自分の商品やサービスについて、「誰よりも詳しい」と自信を持って言えるほど、知識を深めて詳しくなりましょう。

さらに、どんな思いで起業したのか、商品やサービスを提供するに至ったのかといったことについても、今一度じっくりと考えてみることも大切です。

自信を持って商品やサービスの魅力を伝えることができれば、自然に集客にもつながっていきます。

コツコツと継続する

ネット起業はすぐに成果が出る場合もありますが、なかなか結果が出ないという場合も多いのが実情です。

成功するためには、コツコツと継続していくことが必要となります。

例えば、アフィリエイトでネット起業した場合、訪問者数や収益がほぼゼロでも、最低でも3ヶ月は続ける覚悟を持ちましょう。

もちろん、3ヶ月や半年利益が出なかったとしても継続していけるだけの運営資金も準備しておく必要があります。

仲間を作る

ネット起業では仲間の存在も大切です。

一人で起業する場合でも、起業について相談することができる仲間が身近にいることはとても助けになります。

また、仲間と一緒に起業を目指す場合には、事業が軌道に乗らない時でもお互い励まし合うことができ、相乗的に成長していくことができます。

起業仲間を探したいという場合には、インターネットのマッチングサイトを活用したり、起業セミナーやイベントに参加するのがおすすめです。

ネットで起業の成功まとめ

本記事では、ネット起業の成功率や成功の種類をご紹介しました。

ネット起業の成功例や成功する人の特徴を知ることで、成功するためのヒントが見つかったのではないでしょうか。

ネット起業に興味があっても不安に感じているという場合には、ネット起業で成功するためのコツをしっかりとチェックした上で、集客や営業の勉強からはじめてみるのがおすすめです。

また、仲間がいることで起業の相談ができたり、起業に対するモチベーションにエンジンがかかる可能性もあるので、勉強と並行して仲間探しを始めてみるのも良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました