起業家支援団体【祭プラス】

起業家として共に成功を目指しましょう!

団体詳細はコチラ

実は超チャンス!?学生時代に起業しやすいおすすめ職種と方法まとめ

学生時代に起業しやすいおすすめ職種と方法まとめ起業するには-大学生編
この記事は約16分で読めます。

大学生のほとんどが「大学時代はしっかり勉強して、卒業後は就職する」と考えていることでしょう。

しかし、多くの大学生がそのような考えを持っているからこそ、大学生時代に起業することには大きなメリットがあります。

本記事では、学生時代に起業するメリットやおすすめの職業をご紹介します。

学生起業で失敗しない考え方や成功するためのポイントも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

本サイトのトップページには、
起業する上で大切な全ての情報を掲載しています。

ですので、本記事をご覧頂いた後、
トップページの情報も併せてご覧下さい。

【必読】起業するにはどうする?起業する前に知っておくべき5つの感情と8つの実践ステップ

起業するなら一度は見ておきたい情報はこちら

学生時代に起業するメリット

学生時代に起業するメリット

まずは学生時代に起業するメリットについてご紹介します。

起業したいという気持ちはあっても、大学生には起業のための人脈もお金もないため、多くの大学生が起業をためらってしまうものです。

「大学を卒業してから起業しよう」と考えるかもしれません。

しかし、大学生での起業には学ぶことが多くあります。

大学での勉強に加えて、起業や経営についての知識を増やすことができるのは大きなメリットです。

起業するためには、資金調達の方法や経営の方法を学ぶ必要があります。

また、大学時代から様々な経験をして実績を積み重ねることで、大学を卒業してから社会経験する人たちと大きな差を付けることもできます。

自分で事業を立ち上げる経験と、大学を卒業してから企業に就職しサラリーマンとして働くという経験では、体験できることも大きく異なります。

自由に使える時間が多い

大学生での起業には「自由に使える時間が多い」というメリットがあります。

社会人になって働きながら起業を目指す場合は、本業をこなす必要があるため、起業の計画を練るための時間が限られてしまいます。

日々の生活や残業に追われてヘトヘトになって帰宅する毎日では、起業に対するモチベーションも失われてしまう可能性が高いでしょう。

「起業したい」と思っていても、実際には起業できずに終わる人が多くいる背景には、このような理由もあるのです。

社会人になってからと考えてしまった結果、日々の時間に追われ起業のチャンスを逃してしまう可能性もあるということです。

これに対し、大学生の場合は、社会人に比べると自由になる時間が多いので、起業に向けて時間をたっぷり使うことができます

起業を考えているのであれば、自由に使える時間がたっぷりある大学時代がチャンスかもしれませんね。

失敗を学ぶことができる

学生時代に起業することで「失敗を学ぶことができる」というメリットもあります。

初めての起業で成功する人はほんの一握りにすぎません。

社会人として働きながら起業を目指し、やっとの思いで立ち上げた事業が失敗してしまった場合はダメージが大きく、もう一度イチから出直そうというモチベーションを持てる人は少ないでしょう。

しかし、大学生であれば、本業は「大学生」なので、万が一起業に失敗してしまった場合でも、しっかりと勉強し直した上で「もう一度イチからやってみよう」というモチベーションを持つことができる可能性が高いのです。

失敗をバネにしてやり直すことができるだけでなく、失敗から多くのことを学び次に繋げることができます。

失敗せずに成功することができればそれがベストですが、失敗こそが最大の教科書とも言えます。

成功し続ける起業家として成長するためにも、失敗から多くのことを学んでいきましょう。

また、下記の記事では、学生起業家の失敗例について記載していますので、併せてご覧下さい。

知名度アップできる

学生で起業するメリットには「知名度を上げることができる」というものもあります。

学生起業はまだまだ珍しいので、大学生で起業すると周囲の人たちから注目が集まります。

注目が集まったことで有頂天になリすぎるのは危険ですが、悪いことばかりではありません。

注目が集まるということは、事業のサービスや商品に関心を持つ人も増えるということです。

起業後のPRや集客は多くの起業家が重視し資金を投入するポイントですが、学生起業家として注目され商品やサービスの認知度も上がっていれば、PRや集客に多くの資金を費やす必要はなくなります。

学生起業家として注目されることがPRや集客につながるというのは、大きなメリットと言えるでしょう。

社会人経験のない学生が起業した場合は、社会人に比べてコネクションがないのが弱点となりますが、様々なイベントを通して学生を支援している企業や団体もあるので、活用していきましょう。

就職活動に有利になる可能性もある

学生起業を経験することは「就職活動に有利になる可能性もある」というメリットもあります。

万が一、学生起業で失敗した場合でも、大学生であれば「就職する」という道を選択することもできます。

一般企業に就職する場合でも、学生時代の起業で得た経験は大いに役立つはずです。

大学生として学業と両立して起業を目指したというバイタリティやモチベーション、夢を実現させるというパワーは、社会人として働く上でも非常に大切なものです。

多くの大学生がいる中でも、「学生で起業した」という経験は興味を引くポイントであり、大きなアピールポイントにもなります。

失敗した経験から学んだことをしっかりとアピールすることで、転んでも起き上がる反骨精神があることも示すことができます。

学生で起業を目指すということは、大学を卒業した後も大いにメリットがあるということです。

学生でも失敗しない起業の考え方とは

学生でも失敗しない起業の考え方とは

次に、学生でも失敗しない起業の考え方のポイントを学んでおきましょう。

まず、学生起業でも失敗しないためには、起業する前に起業のデメリットをできるだけ多く知っておく必要があります。

学生起業家のものだけでなく、様々な起業の失敗談や成功事例をチェックしておくことも大切です。

失敗談や失敗を乗り越えた成功事例をチェックしておけば、もしも同じような場面に直面した場合でも、回避する方法を判断することができます。

責任を持ち、臨機応変に対応する

大学生起業の最大のデメリットは「まだ大学生でありながら、大きな責任を持たなければならない」ということでしょう。

大学生とは言え、起業するということは一人の経営者です。

経営者という立場になった以上は、「まだ学生だから」という甘えは通用しません。

スタッフを雇った場合には給料の支払いが発生し、設備を揃えるためには資金を調達する必要があります。

事業を軌道に乗せることができなければ利益はでませんが、利益がなくても借入や固定費の支払いは待ってはくれません。

このように、起業には大きな責任と予想外のトラブルがつきものです。

状況に応じて改善計画を練ったり、方向転換を図ったり、臨機応変に対応することができれば状況を良くすることはできますが、まだ経験の浅い学生起業家の場合は、ただ焦って闇雲に動いてしまうことも多くあります。

その場しのぎの行動は、火に油を注ぐ結果となる可能性が高いものです。

状況に応じて臨機応変に対応できるようにするためにも、たくさんの失敗談や成功事例を事前にチェックしておくようにしましょう。

学業との両立をしっかりと計画する

起業に注力するあまり、大学生としての勉強が疎かになってしまっては本末転倒です。

力加減がどちらかに偏ってしまっては、失敗する可能性も高まります。

学生起業を考える場合には、どのように学業と両立していくのか、しっかりと計画を立てるようにしましょう。

今やらなければならないことをこなしていく力がつけば、起業にも役立つはずです。

資金調達の方法を学ぶ

学生起業家の多くが資金不足という課題を抱えています。

起業に対して、どんなに熱意があっても高いモチベーションを持っていても、必要な資金が用意できていない段階で見切り発車してしまうのは危険です。

無計画な起業は失敗する確率が高くなります。

起業をしたいという気持ちがあるのであれば、様々な資金調達の方法をしっかりと学び、万全の体制を整えた上で起業するようにしましょう。

学生でも起業できるおすすめ職種

学生でも起業できるおすすめ職種

ここからは、学生でも起業できるおすすめ職種を紹介していきます。

ここで紹介する職種を参考にして、さらにアイデアを膨らませてみましょう。

起業にはアイデアが必要不可欠です。

資金不足になりやすい大学生の場合は、資金不足をアイデアでカバーする気持ちで、じっくりとアイデアを練りましょう。

Webサイト制作

学生でも起業できるおすすめ職種1つ目は「Webサイト制作」です。

漠然と「起業したい」と考える大学生たちが、手っ取り早く手っ取り早くスタートしているのがこの職種です。

アイデアがない大学生は、プログラミングなどの知識やスキルを身に付けておくことが起業に繋がります。

Webサイトの制作で起業した場合、1年以内に手堅く月収30万〜50万円ほど稼ぐことも可能です。

もちろんノウハウは必要ですが、比較的短い時間で学ぶことができ、幅広い分野で役立つスキルなので、身に付けておいても損はないでしょう。

就職活動でも、有効的な自己アピールのひとつとなります。

一度学んだスキルは一生モノです。

Webサイト制作であれば、完全在宅ワークでの起業も夢ではありません。

会社のシステムに嫌々従う必要はありませんし、旅行へ行きたいと思えば、パソコンひとつ持って、悠々と飛行機の中で仕事…という働き方も可能です。

高齢化社会を迎えて、実家の親を介護しなければならないというシーンに遭遇するかもしれません。

サラリーマンでは、なかなか介護との両立は難しいものですが、Webサイト制作なら、インターネット環境さえ整っていればどこでも仕事ができるので、介護など他のこととも十分両立が可能です。

◆当サイトがおすすめするWeb制作案件など多数の案件があるクラウドソーシングサイト(全て登録無料で使用可能!)

ブログ広告ビジネス

学生でも起業できるおすすめ職種2つ目は「ブログ広告ビジネス」です。

ブログ広告ビジネスというのは、ブログで企業の商品やサービスを紹介して、ブログを見た人が商品やサービスを購入することで収益を得られるアフィリエイトなどのことを指しています。

このブログ広告ビジネスは、若い人たちに人気のある起業スタイルです。

学生や主婦など、誰でも比較的簡単に始めることができるため人気があります。

大学生など若い頃からスタートして実績を作っていれば、数年後には確実に稼ぐことができるようになります。

ただし、スタートしてすぐに大金を稼ぐのは難しいのが実情です。

まずは、ブログを書くことや頻繁に更新することに慣れていきながら閲覧数を増やすなど、少しずつスタートしてみるのがおすすめです。

大学の勉強と両立しながら、ブログ広告ビジネスのWeb集客のノウハウなどを勉強して、実績を積み重ねていきましょう。

Web集客のノウハウも、幅広い分野で活かすことができますよ。

SNSインフルエンサー

学生でも起業できるおすすめ職種3つ目は「SNSインフルエンサー」です。

大学生の多くが「インフルエンサー」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。

InstagramやTwitterなどのSNSを日頃から利用している人も多いはずです。

そんな若い世代にとって身近なSNSを最大限に活用して収益化につなげているのがSNSインフルエンサーです。

SNSインフルエンサーは、多くのフォロワーを抱え、起業案件などを投稿して紹介することで利益を得ています。

特別なスキルや資格は必要ありませんが、多くのフォロワーを獲得するためのアイデアや世界観、コンセプトなどが非常に重要です。

起業するための資金はほとんど必要ありませんが、多くの人から注目されるコンテンツを投稿するために、資金をかけているインフルエンサーもいます。

大学生などの学生であれば、SNSに日頃から慣れ親しんでいる人も多いため、人気のあるインフルエンサーがどのような活動をしているのかも、容易に把握できるでしょう。

SNSインフルエンサーとして起業を目指すのであれば、まずは人気のインフルエンサーのリサーチやフォロワー獲得のための知識を増やすところからスタートしましょう。

マッチングビジネス

学生でも起業できるおすすめ職種4つ目は「マッチングビジネス」です。

マッチングビジネスの魅力を簡単にあげてみましょう。

  • 在庫がかからない
  • 初期費用がそれ程かからない
  • 人を雇わずに始められる
  • 即収入を得ることができる

例えば、大学生という立場を活かして「大学生の家庭教師×高校生」といったアイデアも簡単に思いつくことができます。

こういったアイデアを収益化することができれば、それは立派なマッチングビジネスです。

家庭教師のアイデアで起業した場合、料金システムとしては下記のようになるでしょう。

  1. 家庭教師1時間分の料金=3000円
  2. 大学生の取り分=2500円
  3. 企業側の利益=500円

1時間あたりの企業側の利益は少ないものの、マッチングの数が多くなればなるほど利益が出ます。

また、リスクが低いという魅力もあります。

大学生で起業する場合は、最初から大きな規模でスタートするのではなく、小さくスタートして徐々に拡大していくという方法がおすすめです。

◆当サイトがおすすめするスキル販売ができるサイト(全て登録無料で使用可能!)

YouTuber

学生でも起業できるおすすめ職種5つ目は「YouTuber」です。

YouTuberという職種は、最近では非常に高い知名度があり、子供たちの将来なりたい仕事ランキングの上位に入るほど人気の職種となっています。

すでに多くのYouTuberが活躍している分野ではありますが、まだまだ注目度の高い業界なので、新たに入り込む余地も十分にあります。

今後、インターネットの社会は、確実に5G社会となり、動画がメインを占める時代に突入します。

そのため、YouTuberなどの動画を活用した起業は、どんどん増えていくことでしょう。

社会人に比べて自由になる時間の多い大学生であれば、You Tubeや動画編集などを学ぶ時間もたっぷりあるはずです。

資金はそれほど必要ないので、万が一失敗してもやり直せる点も魅力と言えます。

YouTuberは、やり方次第では億単位の収入を得ることもできる夢のある仕事です。

配信している動画に注目が集まり、軌道に乗れば、新しい動画を配信しなくても広告収入を得ることもできます。

家庭教師・個人塾事業

学生でも起業できるおすすめ職種6つ目は「家庭教師・個人塾事業」です。

家庭教師や個人塾の事業では、主に必要となるのは下記の4つとなります。

  • 指導の能力
  • 知識
  • 指導スペース
  • 教材費

塾事業は増加傾向にあるので、すでに出遅れたと感じるかもしれませんが、実際にはチェーンの学習塾です。

そのため、特徴的なポイントを打ち出した個人塾であれば、成功する可能性は十分あると言えます。

選ばれている学習塾の多くが「親身になって子供と向き合う」という特徴があります。

この特徴に、さらに大学生として活用できる立場やアイデアをプラスすることで、起業の可能性を見つけることができるでしょう。

日本語表記物の翻訳サービス

学生でも起業できるおすすめ職種7つ目は「日本語表記物の翻訳サービス」です。

日本語表記物の翻訳サービスは、飲食店のメニューや雑貨店の商品説明などを、外国の人向けに販売するために英語や中国語に翻訳するサービスで、インターネットで簡単にスタートできるという魅力があります。

日本も国際化が進んでいますが、言語の障害はまだまだ多いのが実情です。

今後は、このような事業のニーズが高まっていく可能性があります。

語学力は必須ですが、それ以外に必要なものはほとんどなく、資金をかけずに始めることができるので、スキルを活かして起業したいと思っている大学生にもおすすめです。

語学力というのは立派なスキルの1つなので、語学力を活かすことができる新しい起業のアイデアも考えてみましょう。

不用品の回収&販売サービス

学生でも起業できるおすすめ職種8つ目は「不用品の回収&販売サービス」です。

廃品回収というのはちょっと古い事業のように感じてしまうかもしれませんが、回収した物をインターネットを活用して販売するサービスというのは、まさに今の時代ならではの新しい起業と言えます。

家庭には、まだまだ不用品がたくさん眠っています。

使わないまま新品同様で放置されているものや型落ちなどの理由で処分対象になっているものも多いのです。

そこにうまくアプローチすることができれば、仕入れコストをかけずに商品を仕入れて販売することが可能となります。

不用品を回収する方法もいろいろあるので、アイデア次第では学生起業にもおすすめです。

学生が起業するのにおすすめしない職種

学生が起業するのにおすすめしない職種

ここからは、学生が起業するのにおすすめしない職種について見ていきましょう。

学生が起業を目指す場合におすすめしないのは「ベンチャー企業」や「スタートアップ企業」として起業することです。

ベンチャー企業やスタートアップ企業の多くは、これまで誰も解決したことのない問題に挑み、解決することを目的として起業します。

ベンチャーとは、企業として新規の事業へ取り組むことをいう。このような事業をベンチャービジネスという。

事業は新規に起業したベンチャー企業によって行われるものを指すことが多いが、既存の企業が新たに事業に取り組む場合も含む。

英語では”startup company”, “startup”と呼ばれ、近年では日本でも「スタートアップ」という言葉が主にIT業界で使用されるようになっている。

ベンチャーとスタートアップを区別する場合もあるが、日本ではその差は明確にされないことが多い。

引用:Wikipedia

これまで解決できなかった問題に取り組むため、結局その問題を解決することができずに起業が失敗してしまう確率も高くなるのです。

成功すればリターンが大きく、社会的にも大きなインパクトを与えることができますが、失敗するリスクが非常に高いため、大学生などの学生が起業する場合にはおすすめできません。

また、ベンチャー企業やスタートアップ企業は、ひとりでスタートさせるのは難しい場合が多いため、人を巻き込み大々的に展開していく必要があります。

多くの人を巻き込む起業には、起業する際も運営していく際も多くの資金が必要となってくるため、この点も学生の起業には向かない理由です。

学生が起業して成功するには

学生が起業して成功するには

最後に、学生が起業して成功するためのポイントを見ていきましょう。

本記事では、大学生などの学生起業におすすめの事業として、下記8つをご紹介しました。

  • Webサイト制作
  • ブログ広告ビジネス
  • SNSインフルエンサー
  • マッチングビジネス
  • YouTuber
  • 家庭教師・個人塾事業
  • 日本語表記物の翻訳サービス
  • 不用品の回収&販売サービス

大学生が起業を目指すのであれば、比較的少ない資金と小さいリスクで始めることができる、小さな規模で起業することが成功のポイントです。

社会人経験も経営経験もない大学生が、最初から大規模な事業を展開するのは非常にリスクが高いと言えます。

起業だけに力が入り、大学での勉強が疎かになってしまうのも本末転倒です。

大学生活もしっかりと継続しながら、事業を展開していけるというのが学生起業では理想的と言えるかもしれませんね。

まずは、学業と両立しながら、着実に経験や実績を積み重ねて、自分自身も事業も少しずつ成長させていきましょう。

下記の記事では、実際に学生時代に起業し、成功を収めた人を中心に、どういった事業をしているのかを詳しく解説していますので、併せてご覧下さい。

学生時代に起業するおすすめまとめ

本記事では、学生時代に起業するメリットや失敗しない起業の考え方、成功のポイントについて紹介してきました。

学生起業には、低リスク&低予算で起業できる職種がおすすめです。

規模や目的が大きい起業や関わる人数の多い起業は、社会人経験や経営経験のない学生が起業するには不向きと言えます。

大学生で起業を目指すのであれば、まずは小さい規模でスタートすることができる事業を考えてみましょう。

また、起業後の予期せぬトラブルやリスクを回避するために、起業する前に学生起業の失敗談や成功事例をたくさんチェックしておくことも大切です。

タイトルとURLをコピーしました