起業家支援団体【祭プラス】

起業家として共に成功を目指しましょう!

団体詳細はコチラ

飲食店を起業(開業)する際に知っておきたいお金の知識:資金調達/融資/助成金/補助金まとめ

飲食店起業(開業)時の平均初期資金はどのくらい?起業するには-飲食店編
この記事は約2分で読めます。

飲食店を起業する際にはどれぐらいのお金がかかるのでしょうか?

本記事では、飲食店起業の際にかかるお金に関して、最低限かかるお金の項目や知っておきたいお金の知識、資金調達の種類や助成金・補助金の種類をご紹介します。

飲食店を起業する際のお金の注意点もしっかりとチェックして、お金に関する知識をしっかりと深めましょう。

飲食店を起業(開業)する際に最低限かかるお金の項目

飲食店を起業(開業)する際に最低限かかるお金の項目

まずは、飲食店を起業する際に最低限かかるお金の項目を見ていきましょう。

飲食店を起業するには、どんなお店にするのかといった事業計画が必要になりますが、ここではお金の項目にスポットを当てて説明していきます。

お金に関しては大きく分けて4つの項目に分類することができます。

  • 場所 (貸店舗)
  • 設備機材費(キッチン設備)
  • 什器備品(食器や内装家具など)
  • 準備諸費用 (材料など)

もちろん、この他にも項目を増やすことはできますが、できるだけ項目を少なくしてかかる費用を減らすことも可能です。

飲食店を起業(開業)する際にお金はいくらかかる?

飲食店を起業(開業)する際にお金はいくらかかる?

では、飲食店を起業する際、実際にどれぐらいのお金がかかるのでしょうか?

前章で紹介した4つの項目に具体的な金額を入れて見ていきましょう。

賃料 (貸店舗)

賃料は、大きさや立地によって大きく異なります

毎月の賃料が15万〜20万円の物件を契約する場合にかかる費用の目安は下記の通りです。

  • 敷金や保証料など:150万~200万円
  • 礼金や不動産仲介手数料:30万〜40万円

設備機材費(キッチン設備)

設備機材費はキッチンなどの設備を整える際にかかる費用です。

厨房機器を新品で購入する場合は、50万~80万円がかかります。

什器備品(内装家具・食器)

什器備品とは内装家具や食器にかかる費用です。

内装費用は坪単価で50万~80万円かかります。

10坪の店舗であれば800万円程度の内装費用がかかる計算です。

準備諸費用 (材料・運転費)

材料や運転費用などの準備諸費用には200万円程度かかります。

ここまでの費用を全て合計すると1280万円となります。

この金額は立地などによっても異なってくるので、飲食店を開業する際にかかる費用の目安は1000万〜1300万円程度と考えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました